介護施設・老人ホームの費用

介護施設・老人ホームの費用

介護施設を利用する場合の費用

 

認知症の高齢者が介護施設を利用する場合には、どれくらいの費用が必要になるのかを紹介します。

 

ここで紹介する施設は、別のページで紹介している

  • 介護付き有料老人ホーム
  • グループホーム
  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

といった施設の費用になります。

 

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームを利用する場合は、初期費用の入居一時金、介護サービス費、その他の生活費の3つが必要になります。入居一時金は、ゼロ円から数千万円と幅は広いです。基本的に同じ老人ホームでも入居一時金を高く収めると、その後、月々の支払額が少なくなる傾向があります。介護サービスの費用は、1.8万円から2.8万円程度です。その他の生活費としては、10万円から27万円程度です。介護付き有料老人ホームは、どこを選ぶかによってピンキリです。

 

グループホーム

グループホームも、選ぶ施設によって大きく金額は違ってきます。具体的に初期費用の入居一時金については、セロ円の場合もあれば高いと数百万円が必要になるケースもあります。また、月額の支払いで必要な介護サービス費は、2.6万円から3.1万円程度です。その他の生活費としては、12万円から27万円程度が相場になっています。グループホームも介護付き有料老人ホームと同じく、どの施設を選ぶかによって料金は大きく変わってきます。

 

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、初期費用は必要ありません。月に支払う下く学費は介護サービス費が2万円から3万円程度で、その他の生活費が3万円から10万円程度が相場になっています。

 

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、入居時に支払う入居一時金はありません。毎月支払う費用は、介護サービス費が2.5万円から3.5万円程度です。その他の生活費は、6.5万円から11.5万円程度が相場です。

 

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、初期費用の入居一時金は必要ありません。月額費用は、2.5万円から4.3万円程度の介護サービス費が必要となり、それ以外には、生活費などで6.5万円から13万円が必要になります。

 

 

以上のように、それぞれの介護施設に入ることによって、必要になる金額は違います。もちろん、それぞれ、どの地域にある施設かサービス内容はどうかと言ったようにサービス内容によって料金は大きく変わってきます。上記で紹介した金額は目安で、地域や施設によっては、金額が違う場合もあるので、参考程度にしてくださいね。具体的な金額は施設ごとに確認する必要があります。

 

 

施設の特徴と料金設定

認知症の人でも受け入れている施設に絞って、費用を紹介しました。介護施設は、大きく分類すると3つになります。具体的には、初期費用や月額費用がある程度自分で負担する必要がある有料老人ホームです。サービスを自分で選べたりと様々です。

 

軽費老人ホームやグループホームなどは、自治体などの女性がある事によって、自分で負担する費用はある程度抑えられています。最後の特別養護老人ホームや介護老人保健施設などは、初期費用が必要ないうえに、月額での利用料も安く抑えられています。このような費用が安い施設は、要介護度の高い人が優先的に入れるようになっています。

 

以上のように、入居する人の状況や経済状況によって、入る事が出来る施設も変わってきます。

 

 

 

>>>認知症の高齢者が入れる老人ホームの詳細はコチラ(トップページ)

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ